M07 CONCEPT組立1

 

 

これやってます

 

今回はG-WORKS流の

 

組立をUPしたいと思います

 

特に特殊なことはしていませんが

 

これから組まれる人の参考にでもして

 

いただけたらと思います

 

そしてこれ見たなら是非当店でM07 CONCEPTをお買い上げいただければ

 

嬉しいです(´∀`*)

 

当店でご購入されたお客様には店主がセットしたセッティングシートをお付けする

 

サービスがもれなく付いてきます(´∀`*)

 

 

 

まずはNo,1~3

 

 

シャーシはカーボン混入っぽいけど

 

GFの方に矢印があるんで

 

TA07のノーマルシャーシと一緒の

 

素材みたいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステアリングポスト部分です

 

裏からネジで止めるようになっています

 

 

ここは当然ネジロックをつけて組みます

 

シャーシ側が6角になっているので

 

空回りしないので助かりますね(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづいてギヤデフ

 

キット付属は右の白いタイプ

 

部品表を見ると

 

左のSPパーツになっています

 

なんでなんでしょう?

 

 

 

 

 

TA06の時にクロスシャフトとベベルの

 

すり合わせに苦労したんで確認しましたが

 

やっぱり残念な…

 

樹脂成型品なんで仕方ないですが…

 

RCって模型と違って動くものなんで

 

こういう動く部分がスムースに動くように組み立てないとまともに走らないことが多いです

 

写真のベベルギヤですがシャフトに入れているのがランナーから切り出した物

 

その右側のベベルが切り出した時にベベルに残っている出っ張りをヤスリをかけて無くしたものです

 

よく「説明書通りに組んでるんですけど…」と言われるお客様は多いのですが

 

説明書通りに

 

可動する部分は全てスムースに可動することを確認しながら組み立てていただければと思います

 

 

 

つづいてギヤデフのOリングが入る

 

外側には漏れ防止に

 

シリコーン樹脂系ボンドをつけます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてOリングには

 

ギヤデフグリスを塗布して組み込みます

 

次はシムを入れるのですが

 

ここが説明書だと0.3mm

 

なんですがデフジョイントカップを固定する

 

シャフトが入れにくかったら0.2mmのシムに変えてください

 

あくまでシムの量はデフジョイントカップにシャフトを入れてカップを回した時に

 

スムースに動く量がシムの適正な厚みだと思っています

 

ですから今回は両方とも0.2mmのシムに変えました

 

※写真の青いパーツとアルミのデフジョイントカップはOPなんでキットには付いていません(´∀`*)

 

 

 

ギヤデフの番手はどれくらいがいいか?

 

わからないので

 

えい!や~!

 

と適当に10万番で組みました(´∀`*)

 

 

量はこれも

 

えい!や~!

 

と1.0g

 

 

いい加減ですいません…m(_ _)m

 

 

※写真はOPの金属ギヤとクロスシャフトを使用しています。たしかTA06の時によく樹脂ギヤを壊している人を多く見たものでメンテ不精な店主は金属派です(´∀`*)

 

 

 

ギヤデフケースを均等に締め付けた後は

 

写真のようにギヤの組立となります

 

店主はセラミックグリスを塗布

 

塗布具合は写真のような感じ

 

 

ちなみにビジネスホテルに泊まった時に

 

置いてある歯ブラシを使用しています

 

あれ結構便利いいですよね(´∀`*)

 

 

 

 

と今日はここまでにしておきます